注文方法について

Q注文後の取引の流れを教えてください。
Aご入金が確認後2〜3営業日(平日)以内に、「info@piyonotebook.com」よりご入金確認メールをお送りします。
(※ぴよ手帖からのメールが迷惑メールとして拒否されてしまい、お手元に届かない事象が頻発しております。メールが届かない場合は、念のため迷惑メールフォルダをご確認ください。また、info@piyonotebook.comの受信許可をお願いいたします。)

ご入金確認メールをお送りしてから通常1週間以内に商品を発送いたします。
※予約商品など納期が異なる場合もございます。詳しくは商品ページまたはご入金確認時にお送りするメールをご確認ください。
(※納期の変更がある場合はご入金確認メールにてお知らせいたします。必ずご確認ください。)

追跡番号の通知をご希望の場合は備考欄にてお申し付けください。
発送が完了いたしましたら「発送通知メール」をお送りします。
お手元に届きますまで配送に2〜3日程度かかりますので、お待ちくださいませ。
Q注文から発送までどれくらい時間がかかりますか?
Aご入金確認後、通常1週間以内に発送させていただきます。
お手元に届くまでには配送にかかる日数(2〜3日)がプラスされますので、ご了承ください。

※予約商品などは発送時期が異なる場合があります。詳しくは各商品ページをご確認ください。

配送・返品・交換について

Q配送方法について教えて下さい。
A追跡番号をご希望のお客様は、ご注文時の備考欄またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【ゆうパック】
損害保障:あり
追跡:あり

【ゆうパケット】
梱包大A4まで、梱包厚さ3cm以下
損害保証:なし
追跡:あり
Q商品を返品・交換したい
A返品・交換につきましては、商品に不備(破損・数量不足等)があった場合のみ対応させていただきます。お客様のご都合による返品・交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。返品・交換をご希望の場合は、到着後1週間以内にご連絡をお願いいたします。それ以降にご連絡いただきましても、対応いたしかねますことご了承ください。

なお、配送方法につきまして「ゆうパケット」等損害保証が適用されない配送方法をご選択された場合、発送の紛失、破損、未着等の損害補償が一切ございません。配送中、ポスト投函後の紛失、また配送時の破損が発生した場合、当店ならびに運送会社では一切保証を致しかねますので、ご返金及びに返品交換はお受けできません。何卒ご容赦くださいませ。

その他

Qお問い合わせをしたのに返信が来ないのですが?
Aお問い合わせやご入金確認の返信メールは3営業日(平日)以内にお返ししております。
返信が無い場合は、 ぴよ手帖からのメールが迷惑メールとして拒否されてしまい、お手元に届いていない可能性があります。
迷惑メールフォルダをご確認いただき、「info★piyonotebook.com」(※★を@に置き換えて下さい)からのメールを受信許可の上、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。
ご理解・ご協力の程どうぞよろしくお願い申し上げます。
Q免責事項・禁止事項
A本サイトおよび、本サイトにて取扱っている商品をを利用する事によって生じたあらゆる事故や不利益または損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトのすべての商品画像及びデザインの著作権及びその他一切の権利はぴよ手帖が保有します。著作権法における私的使用の範囲外での著作物の無断使用(転載、加工等)はこれを固く禁じます。 ただし、ぴよ手帖の商品をお取り扱いいただいている店舗様につきましては、販売促進等の用途に限り、商品画像の使用を了承しています。詳しくはお問い合わせ下さい。

2020/03/27 16:18



「ぴよ手帖」は北海道の野鳥「シマエナガ」をモチーフに雑貨を制作しているブランドです。
ところで、シマエナガってどんな鳥…?

雑貨イベントなどで店頭に立つこともよくあるのですが、
グッズを見て「わあ!白いひよこ!」と言われることもしばしば…
「かわいい鳥のキャラクターね」と言われたりもします。

ちがうんです!
シマエナガっていう
本当にこんな顔をした鳥がいるんです!!

ということで、
ここではシマエナガってどんな鳥なのか?
ご紹介したいと思います。


シマエナガってどんな鳥?

シマエナガは北海道に住んでいる野鳥で、
すずめよりも小さな日本最小級の小鳥です。

からだは約7cm
しっぽも約7cm

長い尻尾の様子が柄杓のようなので
「エナガ(柄が長い)」と呼ばれているのだそうです。



どこに住んでいるの?

シマエナガは北海道に住んでいます。
都市部の公園や近隣の山など、
人の生活の場の近くにいるものも!
シマエナガは里山の鳥で、人が行かないような奥山にはあまりいないようです。

札幌市内だと円山公園や旭山記念公園などでみられたりします。


シマエナガは本州にいる「エナガ」の親戚

本州、四国、九州に生息するエナガの顔は、
目にかかる黒い帯(過眼線)がありますが、
北海道の亜種シマエナガにはその線がありません。

でも、その雪だるまみたいな真っ白な顔が可愛さの秘訣!

真っ白な顔にまんまるなからだ、
その可愛さから「雪の妖精」と呼ばれています。


いつ会えるの?

シマエナガは1年中みられる鳥ですが
木々の葉が落ち、10羽以上の群れで行動している
冬の季節が一番みつけやすいと言われています。

スズメより小さくとてもすばしっこい鳥なので、
「ジュリリ…」
という特徴的な鳴き声(地鳴き)を頼りに探すと良いですよ。


アイヌ語名は「ウパシチリ(upas-cir)」

アイヌ語で<雪・鳥>という意味の名前です。
冬になり木々の葉が落ちると見つけやすくなることから、
「雪の季節が来たことを知らせている」ように見えたのかもしれないですね。




以上、
いかがでしたでしょうか?
可愛いシマエナガのことを知ってもらえたら嬉しいです。


私がシマエナガを描き始めた頃は
まだ情報も写真も少なく、
出てきても本州のエナガのことばかり…といった状況だったのですが、
最近はシマエナガに関する情報もたくさん見られるようになってきました。


可愛い写真集もたくさん出ていますので是非ご覧になってみてくださいね。
本当にこんな顔してますから。